烏骨鶏 (うこっけい)

烏骨鶏は中国・江西省の原産で、インドから中国まで広く生息し、薬用鳥として古来から、万病予防の漢方薬として愛用されてきました。
メラニン色素の沈着が多く、顔面をはじめとするすべての皮膚、筋、内臓、さらには骨までもが、その名の通りカラスのような里紫色の特徴をしています。


肉にはコラーゲンが多量に含まれており、皮下脂肪が殆どありません。
一般的に滋養強壮、疲労・精力回復、抗ストレス、血糖下降作用を持つほか、成人病、高血圧、脳血栓、風邪、肩こりなどの症状改善に効果があるといわれています。


ホームページ1

ホームページ2


中国在宅貿易|烏骨鶏 (うこっけい)