グルコサミンで変形性関節症予防

ムコ夕糖類の一種であるグルコサミンは、関節軟骨の構成成分です。自然界では、カニやエビなどのキチン質の主要成分として多量に存在しているようです。特に、変形性関節症や関節炎などにおいて、関節軟骨を修復します。コンドロイチンと併用されることも多く、関節炎や関節症の痛みを軽減し、関節の可動性が改善されます。さらに、期待される効能として、変形性関節症や関節炎に伴う症状の予防や改善。関節軟骨の障害を回復させる作用や、関節軟骨の保護作用があるようです。

グルコサミンをサプリメントとして経口摂取すると、消化管から吸収されることから、関節軟骨などの成分として利用されています。グルコサミンの摂取方法は、1日あたり1000〜1500mgを服用しますが、短期間では効果が期待できないので継続して利用されることが、望ましいようです。

グルコサミンは、一般に普通の食材に近い成分であり、副作用などはなく他のサプリメントの併用も問題ないとされています。

関節痛の痛み等は、50代以上の年齢の人に多く、60歳以上では、ひざ、ひじ、腰、脊髄などに症状の軽い重いの差はあるものの80%がこの症状を抱えているとも言われています。そのの中でも最も多いのが、少し歩くだけでも膝が痛い、階段の昇り降りがつらいなど、膝の痛みを抱える変形性膝関節症であり、重労働や、肥満が原因とされています。症状がひどくなると、日常生活に支障があるほどの痛みを伴ったり、膝に水が溜まったりします。そこでグルコサミンを補給することで、変形性関節症の痛みを軽減し、進行を阻止できるとみられることから、予防や改善に利用されているといえます。


グルコサミン・・・軟骨成分「グルコサミン」と「コンドロイチン」。
これまでは、コンドロイチンだけでは十分な量を補給できませんでしたが、グルコサミンと一緒に摂ることでコンドロイチンの移行をスムーズにし、しなやかな軟骨の役割をサポートします。


ホームページ1

ホームページ2


グルコサミンで変形性関節症予防