脂肪吸収で減量効果

キチン・キトサンは、カニの甲羅やエビの殻に存在する多糖類の一種で、甲殻類の殻からタンパク質や力ルシウムなどの成分を除いたものがキチンとなり、キチンをアルカリ溶液で処理するとアセチル基が除かれ、キトサンになります。特にキトサンは、 生活習慣病の改善効果があり、LDLコレステロールの低下作用、動脈硬化の予防および抑制作用、慢性腎不全に伴う貧血や電解質異常の改善作用、肥満や高血圧、高脂血症、糖尿病などに改善効果が認められています。

キトサンは、経口摂取のあと、消化管内で胆汁酸や窒素代謝物、リン脂質、コレステロール、脂溶性ビタミン、カルシウムなどと結合し、効果を発揮すると考えられ、これまでの臨床試験においても、キトサンとカロリー制限による、食事療法との併用による抗肥満効果が認められ、 食物中の脂肪を吸着することで、脂肪吸収を減らし、減量効果があるとされています。

キトサンの摂取方法は、抗肥満効果としては、食事療法との併用で認められ、コレステロール低下作用を十分得るためには、1日あたり1000mg以上の量が必要とされるため、肥満や高脂血症に利用する場合は、一般的な食事療法を行いながら、他のサプリメントも併用しなければなりません。また、動脈硬化や慢性肝不全に対して利用する場合も同様となります。

ただし、高脂血症や腎不全、動脈硬化性疾患など何らかの病気で医薬品を服用している人は、主治医に相談の上、利用されたほうがよいでしょう。また、キチン・キトサンあるいは甲殻類の成分に対して、アレルギー症状や過敏症が現れることがありますので、甲殻類の食品にアレルギーのある人は、念のため使用を避けた方がよいでしょう。 ただし、一般的には、通常の食材に近い成分であるので、健康被害や副作用は知られていないそうです。

このようなことにより、キトサンは生活習慣病の改善効果に、最も利用されているといえるでしょう。


SHAPE BOXING(R) PRO Orange・・・カニの甲羅の主成分であるキチンを
分解して抽出したキトサンにガルシニアエキスをプラス!
本格的にウェイトコントロールを考えている方にオススメです。
油物・甘いものが好きな方、外食が多い方にお勧めです。


ホームページ1

ホームページ2


脂肪吸収で減量効果