ハリウッド映画を字幕なしで理解るる、ネイティヴ英語環境

ネイティヴ英語環境は、英語が続かない人でもすぐにできるようになり、英語力ゼロの人が海外に留学しなくても、自宅にいながら半年でネイティブなハリウッド映画を字幕なしで理解できるようになります。


さらに日常的な会話ができるようになり、10億ページもある英語のサイトをすべて読めるようになります。



ネイティヴ英語環境

正しい英語学習の順序

素早くて、無駄もなく、これ以上ない効率的な英語習得の秘訣がここにあります。


英語学習には正しいプロセス(順序)があり、それにそって練習しなければ、気の遠くなるような遠回りの道を歩むことになってしまうのです。

それには時間とお金の投資が必要になる場合も出てくるのです。

180日で基礎習得

180日の間、あなたのメールボックスには英語のノウハウが記されたメールが次々と届きます。


配布されるテキストは、英語マインド、リスニング、スピーキング、文法、リーディング、ライティングそれぞれによってページ数はまちまちですが、多いもので30ページほどあります。

半年間あなたはみっちりとネイティヴ英語環境に浸かり、英語を身体に染み込ませ、「英語脳」を作っていくわけです。



英語を最短距離で習得できる、ネイティヴ英語環境

英語だけの環境

英語を最短距離で習得できる流れで勉強し、個人の趣向に合わせて、楽しく、自動的に英語を学習できる環境があればよいのです。


海外に留学した人が英語だけの環境になったことで、非常に短期間で英語を習得するように、英語だらけの環境に身を置けば、短期間で英語を習得することができます。

「ネイティヴ英語環境」に加えて、「正しい英語学習の流れ」で、
  • 今まで駄洒落のように聞こえていた英語が意味のある言葉の連鎖として聞こえるようになる
  • 外国語の単語同士の連想ができるようになる
  • ひとつの単語から,いもづる式に次の単語が自然に思い起こされ、
    場面や文脈で覚えた単語が無意識に口に登るようになる
  • 外国語の語順のまま、次に来るべき言葉の働きが予測できるようになり、日本語に訳そうとする気持ちが消えるようになる
  • 外国語を聞いたり読んだりするときの疲労感が激減し、読んだり
    聞いたりした内容が明確に思い出されるようになる
と、いった効果を早い人では1ヶ月、遅くとも3ヶ月で感じ始めます。

五感を使う

リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングといった項目をバラバラに学習したり、1つずつ集中してやったりしているので、効果が出づらいのです。


脳生理学の考え方で、人は「五感を多く使ったほうがものを覚えやすい」という実験結果があります。

「ネイティヴ英語環境」では、この五感に浴びせかけるように英語を学習するので、通常のやり方よりも大きな効果が得られるわけです。


英語学習の秘訣、ネイティヴ英語環境

Q&A

今まで何をやっても続きませんでした。
それでもできるのでしょうか?
ネイティヴ英語環境は、自然に生活に密着した形で学習できるように
なっています。
その結果、受講生の95%が最後まで続けることができています。
学習にあまり時間が取れませんが、大丈夫でしょうか?
ネイティブ英語環境は、基本的に英語環境に浸る、つまり家事や育児の合間や、通勤時間を使って英語に浸っていただくので、何時間も机にかじりついて学んでいただく必要はありません。
スキマ時間を使って学習できます。
外国人が家族になることになりました(もしくは外国に移住する必要が出てきた)。
それで英語を習得したいのですが、できるものでしょうか?
それは、英語を習得する大きなチャンスだといえます。
家族という最も強力な英語環境が現われるわけですから、ネイティヴ英語環境の考え方と合致しており、教材と合わせればすばやく英語を習得できるでしょう。
仕事で英語を習得する必要が出てきました。
ネイティヴ英語環境は効果的に英語を習得できますか?
お仕事で英語を使う機会が多くなればなるほど、普段の生活に英語を練りこんでいく学習形式を取るネイティヴ英語環境の効果は大きくなります。
ぜひ、効果的な学習法としてご活用ください。
私の英語力は中学生レベルです。
英語に苦手意識があります。こんな私でも大丈夫でしょうか?
このプログラムの特徴は初心者でもむりなく英語の音から入っていけるように英語ネイティブ環境に浸ることからはじめます。
そして次の段階として文法を中学1年のレベルから高校まで毎日のメールで学んでいただき、そこからスピーキング、リーディングへと移ります。
ご自分のペースで学んでいただきますので無理なく取り組んでいただけると思います。
パソコンの前に毎日は居られる時間が有りませんが続きますでしょうか?
すべての教材はメールで配信されるため、メールさえ毎日チェックできれば、学習に問題はないと思います。
そのほかは隙間時間に学べる内容になっております。
高校受験・大学受験には対応していますでしょうか?
この教材で英語に触れれば大学受験にも対応できると思います。
このプログラムは6ヶ月のプログラムで、その途中に中学3年間の文法と高校の重要文法が復習できるようになっています。
その後で長文読解できるレベルまでもって行きます。
ですのでネイティブ英語環境に真剣に取り組めば、学校の英語の授業はもちろんのこと、リスニング力・スピーキング力が伸びて真の意味での英語力がつくと思います。
そして大学入試ですが、大学入試に関しては大学によって、学部によって英語試験の傾向が違うと思います。
たとえば
○○大文学部は難解な英単語を使った英長文が多い、とか、
○○大政治経済学部は長文はやさしいけど英語→日本語の翻訳が厄介な問題が出る、とか、傾向があると思います。
なので「これだけやればどこの大学にも通る!」という魔法の教材は存在しないと私は感じます。
ですので受験に関しては、ご自分の志望校志望学部の英語出題傾向にあわせて赤本などで研究していただくと、より効率的だと思います。
どの様な商品構成なのか、どういう形式なのか教えて下さい。
このプログラムは下記のように、8つのパートに分かれており、上から順番にメールにてお届けします。その期間は約6ヶ月となっております。
● 準備メール(本メール)
● ネイティブ英語環境作成ブック
● リスニングの方法論
● 音読の方法論
● 文法(102課/ 週6日配信)
● スピーキングの方法論
● リーディングの方法論
● リーディング読解実践メール演習(全12回/週2回配信)
テキストは文書ファイルの一般形式であるPDFファイルでお届けします。
無料のPDFファイル閲覧ソフトを使います。
閲覧ソフトは簡単に使うことができます。
アドレスを変更する予定なのですが、途中で教材の宛先を変更することは可能でしょうか?
可能です。
パソコンにあまり詳しくないのですが、ダウンロードや音声再生などは簡単に出来ますか?
簡単にできます。
基本的なやり方をお教えします。
教材テキストの閲覧
教材のテキストはメールからダウンロードができます。
テキストは基本的にPDFファイルです。
PDFファイルとは文書ファイルで、こちらからリーダー(読み取りソフト)をインストールすることで、読めるようになります。
音声ファイルを聴く
メールでお届けする教材には音声ファイルもありますが、このファイルを聴くには、音声ファイルのリンクを右クリックし、「対象をファイルに保存」を選び、ファイルをデスクトップにダウンロードします。
あとは、ダウンロードされたファイルをダブルクリックするだけです。
家にパソコンがないのですがネイティブ英語環境に取り組むことはできますか?
メールが毎日チェックでき、pdfファイル(文書ファイル)を開くことができれば問題なくネイティブ英語環境に取り組んでいただけます。
私は、会社員で夜が遅く勉強時間が1日30分程度ですが、その程度でも教材を やり遂げることは、可能でしょうか。
現在育児や家事、仕事をしていますが、 一日何分くらいの学習時間が必要ですか?
学習時間は個人で設定していただきますが、オススメしているのは1日3時間で半年の英語環境です。
1日3時間といいましても、基本的に英語環境に浸る、つまり食事・身支度・仕事の合間や、通勤時間を使って英語に浸っていただくので3時間机にかじりついて学ぶのではありません。
隙間時間を有効活用できる学習方法です。