腸内環境を整えてくれる乳酸菌

ヒトの腸内で働く善玉菌の一種である乳酸菌は、乳酸やブドウ糖を利用して増殖し、糖を分解して乳酸を産生する菌のことです。腸内細菌の20%ほどが乳酸菌ですが、加齢とともに腸内細菌の分布が変化し、悪玉菌が増えやすくなります。腸内環境を整え健康を維持するために、乳酸菌・ビフィズス菌が注目され、下痢の予防や治療効果・腸の蠕動運動の調整効果・腸内細菌叢のバランス調整・有害菌の増殖抑制作用・免疫賦活作用が、期待されてます。

ヒトの腸内には約100種類100兆個以上の菌が存在し、ヒトの体によい作用をもつものを「善玉菌」、好ましくない作用をもつものを「悪玉菌」と呼ばれいています。腸内細菌叢のバランスが崩れ、悪玉菌が増えると、体調不良を生じます。悪玉菌を増やさず、健康を維持するためにも、善玉菌が必要となるのです。他に、ビフィズス菌やアシドフィルス菌も、代表的な善玉菌といえます。

乳酸菌の中でも、ヨ一グルトやチーズなどの発酵に利用されるビフイズス菌や、アシドフイルス菌がよく知られていますが、腸内細菌の20%ほどを占める乳酸菌は、加齢とともに減少し、ウェルシュ菌などの悪玉菌が増える傾向にあるので、ビフイズス菌などの善玉菌を摂ることで、腸内環境を適切に保つことが重要となります。

乳酸菌は、これまでの臨床試験で、下痢の予防・治療といった整腸作用、抗生物質の服用によって生じる下痢の治療 アトピー性皮膚炎の改善、カンジダ性膣炎の再発予防に対する効果が出ているそうです。

乳酸菌の摂取方法としては、1日あたり10億〜100億個以上のビフィズス菌を摂取し、短期間では効果が期待できないので、継続して利用されることが望ましいようです。なお、下痢に対する治療目的の摂取方法としては、通常量の数倍を摂取することもあるそうです。

乳酸菌の成分は、安全性の高いものであるので、乳幼児や高齢者に対しても利用でき、健康被害や副作用などは知られてはいません。他のサプリメントや薬品との併用も間題ないとされていますが、抗生物質だけは乳酸菌の効果を減弱させます。

このようなことにより乳酸菌は、下痢の予防や治療など整腸作用が証明され、ヒトの腸内で働く善玉菌として活躍しています。


ピクノジェノール・・・人間の血管や細胞も、鉄と同様サビていきます。
美容に気をつけている女性の方にもおすすめです。
ビタミンCやEをサポートする作用があります。
健康維持に役立つ「フラボノイド」を40種類含有


ホームページ1


ホームページ2


腸内環境を整えてくれる乳酸菌