発達障害の子育て教育体験記は、育児ストレスが一瞬にして解消され、
発達障害のお子様を、お利口さんにさせる方法です。
発達障害の記事

発達障害の子育て教育体験記

発達障害の子育て教育体験記

発達障害の我が子を、お利口にしたい
子供が、将来にわたってずっと幸せでいてほしい
と思っているのであれば、
お子様がお利口さんになる方法があります。







発達障害の子育て教育体験記

お利口さんになる方法

  • お子様がさわぐことなく、言うことを聞いてくれるようになります。
  • 学校でも落ち着いて授業が受けられるようになります
  • 友達に危害を加えることなく、みんなと仲良くできます
  • 大きな声を出して、あなたを困らせることはなくなります
  • 言葉のオウム返しに、イライラすることもなくなります
  • ヒステリーを起こさず、自分で考えられるようになります
  • 愛するお子様と一緒に仲良く幸せに暮らせるようになります。



発達障害

「発達障害」という言葉を知っていますか?
メディアで「発達障害」という言葉が取り上げられるようになったのは、 ごく最近のことです。
では、発達障害とは、いったいどういう意味をいうのでしょうか?
簡単に言えば、発達障害とは「知的障害や自閉症などを持つ子供」などのことです。
発達障害だからといって、 普通の人とは違うと差別することはおかしいことです。



詳細はこちらから



発達障害の子育て教育体験記

発達障害の発症原因

発達障害とは、
「成長における発達の偏(かたよ)り」を言います。
具体的な診断名は「自閉症」、「アスペルガー症候群」、「広汎性発達障害」、 「注意性欠陥多動性障害」(AD/HD)、「学習障害」(LD)などが挙げられます。
発達障害は「生まれつき」のもので、親のしつけや家庭環境が原因ではありません。
医学的な解明はされておらず、発症の原因もわからないのです。
明確な発症の原因はわかりませんが、統計的にみて発症しやすい状況が下の2つです。

  1. 早産などによる、出産時の異常
  2. 遺伝的要因

また「発達障害の症状は、100人いれば、100通りの症状がある」といわれています。 「発達障害は医学的な意味で決して治ることはない」ということです。
でも、悲観的にならないでください。
適切な対応と、「周囲の理解」と「援助」によって、普通に育つ子供たちと同じ生活ができます。
目の悪い人がメガネをかけるように、お年寄りが杖をついて歩いていくように、
発達障害の子たちが必要とするのは、「適切な支援」と「周囲の暖かい理解」です。




子育て方法

もしも今あなたが発達障害にお困りであるならば、 私の体験記を通じてあなたに手助けできると思います。
そうすれば、あなたは無駄な時間や、余計な費用をかけずに、 発達障害に関して学ぶことができます。
やはり子供を育てるのには知恵が必要です。
それはどんな子供も同じです。
子供は、思ったように動いてはくれません。
あなたが子供に対してどういう風に接すれば“ちゃんと言うことを聞いてくれるのか”悩んでいらっしゃるのなら、私の体験記はきっとお役に立つと思います。
あなたが子育てで“困ったり迷ったり”した場合に、 すべて読まなくても、質問にしたがって必要なところをひろい読みし、 解決できるようにしてあります。




発達障害の子育て教育体験記

体験者の声

  • この本のおかげで、やっと娘と向き合えるようになりました。
  • 発達障害で本当に役に立つ本に初めて出会いました
  • 娘が何を伝えたいのかが分かるようになりました。
  • 今まで息子にしてきたことは間違いだと分かりました。
  • 発達障害の娘と落ち着いて話しを出来るようになりました。
  • 母親の私が発達障害の息子に一番の力になれることを知りました。
  • 娘が何を求めているのかが分かるようになりました。
  • 息子に対しての将来の焦りがなくなりました。
  • 娘と幸せな生活が築けそうです。
  • 息子が夢を持てるようになりました。
  • 息子と深く関わりあうことができました。
  • ショック状態から立ち直ることができました。
  • “理解すること”で私が娘にしてあげられることが増えました。
  • 表面的な発達障害への理解は逆効果ということが分かりました。
  • 息子が学校に行くようになりました。
  • 発達障害の娘がいる私にとって一生役に立つ本でした。
  • 最近、子供が生き生きとしているように見えます。
  • この本に出会ってから私は娘を発達障害として見ることをやめました。
  • 勉強嫌いだった息子が勉強に集中できるようになりました。
  • この本に出会ってから、息子は悩みを表現化するようになりました。
  • 息子のたくさんの笑顔を見られることが本当に幸せです。
  • 息子と気持ちが伝わっていることが本当に幸せです。
  • 特別扱いをすることがなくなりました。
  • 息子への将来の不安が希望へと変わりました。
  • 「本当に発達障害に関する知識がこれほど重要だとは思いませんでした。
  • 今では子供達のほうから私に寄ってきてくれます。
  • 父親である私の成長が息子を助けることに繋がった。
  • 娘を守るためにまずは母親の私が強くなることが一番だと分かりました。




発達障害の子育て教育体験記
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://mari.realone.biz/hattatsu/tb.cgi/1


C O M M E N T


Name :
E-mail :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview



>>このカテゴリーの記事一覧








RSS