動物性食品に含まれるビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜の状態を正常に保ち、免疫や生殖の機能を維持し、目の網膜に含まれるロドフシンの構成成分であり、網膜の機能を維持している為、欠乏すると、暗いところで視力が低下する夜盲症になります。
ビタミンAは、レチノール、レチナール、レチノイン酸とも呼ばれ、食事で摂取するビタミンAとしては、レバーや肝油など動物性食品に含まれるビタミンA、緑黄色野菜に多いβカロチンがあり、βカロチンは体内で必要に応じてビタミンAに変換されます。
βカロチン(βカロテン)は、体内でピタミンAとなるだけでなく、それ自体が抗酸化作用をもつ成分で、生活習慣病予防に効果があります。
生活習慣病遠隔検診・生活習慣病郵送検診

ビタミンAは1日の所要量の他、許容上限摂取量が規定されています。
ただし、通常の食材に由来する成分であり、特に問題となる健康被害や副作用は知られていませんが、脂溶性ビタミンの一種であり体内に蓄積されますので、過剰摂取には注意が必要です。また、一部の医薬品との相互作用を示唆すデータがあるため、サプリメントとして何らかの医薬品を併用する場合、主治医に相談の上利用する必要があるでしょう。
尚、成人18〜29歳の人を例に揚げると、所要量は男性で2000IU、女性は1800IU。上限は5000IUとされています。(妊婦の所要量は+200IU、授乳婦の所要量は+1000IUとされ、上限は5000IUとされています)

健康美を追求したサプリメント
高濃度プラセンタ100

ホームページ1

ホームページ2


動物性食品に含まれるビタミンA