コラーゲンで皮膚症状の改善

タンパク質の一種であるコラーゲンは、皮膚や骨、軟骨などの豊富に含まれており、細胞の間を埋めるように存在し、結合組織の主成成分です。特に、 美肌効果、骨粗髭症や変形性関節症に対する作用、骨の健康維持といった部分で非常に利用されています。

コラーゲンは、これまでの臨床試験で、関節炎や骨粗髭症の改善、皮膚に対する効果が示されおり、コラーゲンを投与することで、関節軟骨に集積することが示され、骨のコラーゲンの分解も抑えられたという結果が出ているそうです。

コラーゲンの作用メカニズムは、コラーゲンを化学的に処理するとゼラチンができ、さらにゼラチンを小さくするとコラーゲンペプチドとなります。これらを総称して、コラーゲンと呼ばれています。

コラーゲンが、サプリメントに使用されている化学的根拠の臨床試験では、このコラーゲンペプチドを主原料とする健康食品を成人女性に2力月間投与したところ、シミ、肌のべたつき、吹き出物の皮膚症状の改善、便秘、腰痛、冷え性等の身体症状にも、改善が認められたということです。

コラーゲンの摂取方法として、特に決まった摂取量はありませんが、一般に、短期間では効果が期待できないので継続して利用されることが、望ましいようです。また、コラーゲンは、単独で摂取するよりも、ビタミンCとの併用が最も効果的とされています。関節炎や関節、症に対して利用する場合は、グルコサミチンとの併用もでき、サプリメントの形状としては、ドリンク剤、粉末タイプ、錠剤などがあります。

コラーゲンの成分は、通常の食材に由来する成分のため、健康被害や副作用などは、知られてはいません。他のサプリメントとの相互作用も報告されておらず、併用は問題ないと考えられています。 なお、コラーゲンの原料として、従来より牛由来の成分が使われていましたが、狂牛病が問題になって以降、豚や鶏、魚を利用した製品が増えているようです。

このようなことにより、期待される効果は、美肌効果・皮膚のアンチエイジング(抗加齢)効果・骨粗髭症、変形性間接症の予防と改善に最も利用されているといえるでしょう。


ホームページ1

ホームページ2


コラーゲンで皮膚症状の改善