ブルーベリ一の有効成分

プルーベリ一の果実から抽出された有効成分は、アントシアニンという、青紫色の色素成分です。臨床試験では、糖尿病性網膜症や夜間視力の改善といった作用が報告され、抗ガン効果も示唆されてるようです。ブルーベリ一の有効成分は、アントシアニン類、カテキンやプロシアニジンなどのタンニン類、ケルシトリンなどのフラボンイド類、クロロゲン酸などで、いずれもファイトケミカルであり、特にアントシアニン類が重要と考えられいます。ブルーベリ一は、眼精疲労の改善や網膜の保護作用、仮性近視の改善効果があり、老人性(加齢性)白内障の予防効果があります。

摂取方法として、25%アントシア二ンとして調製された、フルーベリ一のサプリメントを利用されることが多いようです。また、ブルーべりーは、通常の食材に由来する成分であり、問題となる健康被害や副作用はなく、他のサプリメントや医薬品との併用も問題はないとされています。

このようなことにより、さまざまな目の病気などの、予防と改善に最も利用されているといえるでしょう。


ワイルドブルーベリーグッド・・・目に良いことで知られるブルーベリーの
有効成分は、紫色の色素成分アントシアニン。
特に、栽培の難しい、野生種であるワイルドブルーベリーには、
栽培種の約10倍ものアントシアニンが含まれています。
パソコンなどによる目の酷使や、加齢によって低下した目にお勧めです。


ホームページ1

ホームページ2


ブルーベリ一の有効成分