自宅で治せるアトピー克服法

アトピーでお悩みの方に、重症のアトピーをたったの3ヶ月で克服した、アトピー体験者 のアトピー克服法。


日常生活で、誰にでも出来るアトピー治療法です。

7年間一度もステロイドを手放せなかった重症アトピー患者が、たった3カ月でアトピーを完全に克服出来た方法です。

薬を使わずにアトピーを根本から克服するための、大人から乳児(0歳)まで対応した日常生活に取り入れられるアトピー克服法となっています。



アトピー地獄からの脱出

● 身体の中で起きている原因を取り除かないで、ステロイドなどで無理やり症状を抑え込んで、本当にアトピーは治るのでしょうか?

● アレルギー反応を検査して、アレルゲンになるものを遠ざけることで、本当にアトピーは治るのでしょうか?

● アトピーが治って、ステロイドと縁を切れる人は、どれくらいいるのでしょうか?

アトピーという形で、本来害にならないようなものに、異常なアレルギー反応を起こすということは、自律神経の働きや、免疫システムの働き等、身体全体の機能が、正常でなくなっているということです。



それらを整えて、身体全体を正常にするための努力を同時にしなければ、アトピーを本当に完治させるのは、難しいのではないでしょうか。


たった3か月でアトピー地獄からの脱出

「あなたのアトピーは、一生治らない。」
と言われるほどの重症のアトピー患者だった私もこの方法で形跡も無くなるほどに完治しました。

ほんの少し意識をして、努力すれば、誰にでも安心して取り組んでいただける内容ばかりです。


想像してみてください。
人前でも、堂々と顔を上げて歩ける自分の姿を!
あの地獄のような痒みから開放されて、夜もぐっすりと眠れる自分の姿を!



脱ステロイドで、アトピー地獄からの脱出

購入者様からの声
愛知県 天野様
マニュアルに書いてあることを、一つ一つ実践に移し、細かいところまで実行するように心がけてきました。その結果2ヵ月後にはかなりよくなり、とても酷かった首はとても綺麗になっています。
兵庫県 小坂様
出来るところから一つ一つ取り入れてみました。すると「なにか」変わった。「ふろあがり、痛みとかゆみでパニクらなくてすむ」しばらくして、それに気がついて、それから2,3日後に肌がただれていたのが収まりました。
大阪府 岡村様
マニュアルに基づいて、毎日欠かさずにやったところ、一ヶ月くらいで薬を塗らなくてもよいまでになりました。
福岡県 田口様
息子は現在11歳になりますが、3歳の頃からアトピー性皮膚炎に悩まされ、ずっと皮膚科にてステロイド治療を行っておりました。数ヶ月前より、原因はわかりませんが、皮膚の状態がだんだんと悪化して、特に顔面と頭皮がボロボロと魚のうろこみたいに剥げ落ち、学校へ行くのも嫌がるようになりました。そんなときに、こちらのマニュアルを知人に進めれられ購入し、実践したところ、日に日によくなってゆき、顔面はもちろん、いつもじゅくじゅくだった膝のうしろも、きれいになりました。

たったの3カ月でアトピーを完全克服 アトピー地獄からの脱出
詳細をこちら↓↓でご覧下さい。
アトピー地獄からの脱出


アレルギーの一般知識

成人型アトピーは二十歳を過ぎてから出るもので、子供のころにもアトピー性皮膚炎をもっていた人もいれば、そうでない人にも見られます。

顔(とくにまぶた)、首、指(とくに爪のまわり)から症状が現れることが多く、全身に広がることもあります。

成人型のほうが乳幼児型よりも重症化しやすく、治りにくい例が多いようです。

成人型アトピーの人の90%以上にダニアレルギーがあるといわれます。

反対に食物アレルギーが原因となっている例は、ほとんどありません。

アレルギーの原因物質をアレルゲンといいます。

成人型アトピーの場合、血液検査を行うと、ほとんどの人でダニがアレルゲンになっていることがわかります。


アトピー性皮膚炎

昔から、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患には遺伝がからむことが知られています。

アトピー性皮膚炎、喘息、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患をもつ人が身内にいる人は、アトピー性皮膚炎にかかる率が高いのです。

また最近、皮膚の細胞同士を接着するフィラグリンという物質を作る遺伝子の異常が、アトピー性皮膚炎の発症に関与していることが指摘されています。

アレルギーの発生に関しては、清潔すぎる環境で育つと免疫バランスがくずれ、アトピー性皮膚炎を発症しやすいということです。

抗生物質を使いすぎることがアトピー性皮膚炎を増やしているといわれます。

特に、2歳までの問に抗生物質の投与をたびたび受けると、腸内細菌のバランスがくずれ、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性の病気が増えると
いうデータがあります。

金属アレルギーについて

私たちはいろいろな金属を、毎日少しずつ口から飲み込んでいます。

それには歯科金属 (歯に詰めてある金属)の溶け出したものや、食品に
微量に含まれる金属、また調理器具(金属の鍋や密閉容器など)から溶け出した金属も含まれます。

それらは基本的に無害であり、汗とともに体外に排泄ざれています。

ところが、たまたまその金属にアレルギーを起こすとどうなるでしょう。

汗の中の金属にかぶれてしまう、つまり自分の汗でかぶれてしまうことになります。

汗をかいたところに次々と湿疹ができ、アトピー性皮膚炎のような症状になっていきます。

ただし、これは厳密にはアトピー性皮膚炎ではなく、金属アレルギーです。

アトピー性皮膚炎と診断されている人の中に、このような全身型金属
アレルギーの人が隠れていると考えられています。